投資家プログラマの中上級者向けFXシステムトレード» Blog Archive » バックテストのやり方

バックテストのやり方

最近質問が多いので基本的なバックテストのやり方についてまとめてみました。

1.まずはMetaTraderを起動してください。

※画像をクリックすると拡大します



2.下図のようにテスターウィンドウが表示されてればOKです。4に進んでください。

※画像をクリックすると拡大します



3.ストラテジーテスターのウィンドウが開いていない場合は下記のように「表示」から「Strategy Tester」を選択してください。
 2のようにテスターウィンドウが表示されたはずです。
 これで準備が整いました。

※画像をクリックすると拡大します



4.テストしたい条件を選択していきます。
ExpertAdvisorsテストしたいEAを選択します
通貨ペアテストしたい通貨ペアを選択します
モデルテストの方法を選択します。
時間がかかっても正確な結果がほしい時は「Every tick」、
大雑把な結果をすぐにほしい時は「open price only」と思っておけばほぼ間違いありません。
日付と時間を使用テスト期間を選択します。
期間メインで使用する時間足を設定します。
M1:1分足 M5:5分足 M15:15分足 H1:1時間足 H4:4時間足 D1:日足 W1:週足 MN1:月足
Visual modeエントリー、エグジットのポイントをチャート上で見たい時はチェックをいれます。
非常に時間がかかるのでご注意




5.続いてEAのプロパティを設定するために「Expert properties」を選択します。

※画像をクリックすると拡大します



6.変更したいパラメーターのValue列の値を変更して最後にOKを押します。

※画像をクリックすると拡大します



7.以上でバックテストの準備は整いました。スタートボタンを押してバックテストを始めてみましょう。

※画像をクリックすると拡大します



8.下の緑色のバーが最後まで来たらテスト完了です。

※画像をクリックすると拡大します



結果タブを選択すると実際の取引の詳細が見られます。

※画像をクリックすると拡大します



Graphタブを選択すると損益の様子が折れ線グラフで表示されます。

※画像をクリックすると拡大します



レポートタブを選択すると成績の集計結果が見られます。
すべて大切な分析結果ですが Total net profit,Profit factor,Maximal drawdown, Relative drawdownあたりをまずは押さえておきましょう。

※画像をクリックすると拡大します



操作履歴タブは普通の人にはあまり必要ないですが 開発者の方であればPrint文でEAが出力した結果などがここに表示されますのでデバッグには有効です。

※画像をクリックすると拡大します



↓↓↓↓記事が役に立った、、、と思ったらぜひクリックお願いします。↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派

↑↑↑↑ あなたのクリックが更新のモチベーションにつながります^^ ↑↑↑↑



コメント